すべてのカテゴリ

ニュース

ホーム >  ブログ >  ニュース

政府はNEVに焦点を当て、生産から使用に切り替える

2024 年 1 月 02 日 1

ヒュンダイモーターグループ-wZP1NsIY5ZU-unsplash(1)(1)

過去7年間、政府活動報告書の中で繰り返されてきた「新エネルギー車」という表現は、木曜日に閉幕した今年の年次2回の会合で提出された報告書には登場しなかった。

しかし、それはこの分野が中国政府の支援を失いつつあることを意味するものではない。代わりに、焦点は自動車の生産と販売からその使用に変わってきている。「より多くの充電スタンドとバッテリー交換ステーションを建設する努力が払われるべきである」と国の優先課題を概説した報告書は述べている。

アナリストらは、自動車の利用が容易になることは、顧客に電気自動車を選択するよう説得するのにさらに役立つだろうと述べた。特に大都市の多くの人々が、安全性と品質に対する疑念を払拭しました。たとえば、北京では約50万人が電気自動車のナンバープレートを取得するために列を作っている。

中国は2009年からこの分野を推進しており、5.5年末までに2020万台以上の電気自動車とプラグインハイブリッド車が公道を走行した。昨年は新型コロナウイルス感染症のパンデミックにもかかわらず、約19万台が販売され、その数字は予想されている今年は1.37万人に達するだろう。

工業情報化省の統計によると、中国は2015年に米国を追い越して以来、こうした自動車の最大の市場となっている。

総額数千億元と推定される中国の補助金は、自動車メーカーが電気自動車やガソリン車所有者に電気自動車への乗り換えを提案する動機となり、この分野の初期段階に追い風となった。

しかし、当局が2022年末までに補助金を段階的に廃止する予定となっているため、便利な車の利用を可能にする対策の重要性が高まっている。

2020年末までに、国内には1.68万基の充電器が設置された。つまり、XNUMX 台以上の車両が充電パイルを共有する必要があります。

同国の充電インフラアライアンスの上級幹部、Tong Zongqi氏によると、この比率は今年は約2.5倍に低下するだろうという。

自動車メーカーは電動化に向けた取り組みを加速しており、補助金よりも高品質の車両や健全なインフラの方が魅力的だと考えている。

フォルクスワーゲン・グループ・チャイナの最高経営責任者(CEO)、ステファン・ウォレンシュタイン氏は、充電が簡単に利用できれば、顧客は電気自動車の航続距離についてあまり心配しなくなると語った。

「ガソリン車は500~600キロも走れますが、人々は文句を言いません。それは、10km以内にガソリンスタンドがいつでも見つかるからです。

「現在、電気自動車も同様の航続距離を持っていますが、人々は1,000km走行できる自動車が必要かどうかについて議論しています。つまり、充電スタンドの数はガソリンスタンドよりもはるかに少ないのです。」

世界最大の自動車グループの 1 つであるフォルクスワーゲンは、2025 年までに中国で年間少なくとも XNUMX 万台の電気自動車とプラグインハイブリッドを販売することを目指しています。

全国の8,000以上の販売店に2,000台以上の充電スタンドを設置している。また、中国の地元企業と合弁会社を設立し、今年末までに500か所の充電ステーションを建設する予定だ。

電気自動車の新興企業ニオを含む中国企業は、バッテリー交換技術の先駆者となっている。通常、車両を完全に充電するには数時間かかりますが、これにより、車両が完全に充電されたバッテリーを 3 分以内で交換できるようになります。

この技術により、Nio はバッテリーのない車両を販売し、レンタルして空の車両と交換できるようになりました。このイノベーションは、フォーチュン誌の 2020 年の「世界を変える」リストに含まれています。

ニオ氏は、さらに高速に動作する第500世代のバッテリー交換ステーションを間もなく発売する予定だと述べた。今年末までに合計190以上の駅を建設する予定だ。 2021 年 76 月末までに XNUMX 都市に XNUMX 以上の駅が建設されました。

中央政府が自動車生産から自動車使用に焦点を移したもう1つの理由は、地方自治体がすでにこの分野に熱心であるためだ。

安徽省合肥を含む各都市は、ニューヨーク上場ニオへの投資による巨額の利益のおかげで、この分野を最重要産業の一つに据えている。

深刻な過剰生産能力に直面している場所もある。一例として、エコノミック・オブザーバー紙によると、江蘇省の自動車メーカーは100,800年に2020万2.85台の新エネルギー車を生産し、その生産能力は今後製造予定のものを含めて合計XNUMX万台に達したという。

データによると、2015年から2017年上半期までに、国内では200以上の新エネルギー車プロジェクトがあり、一部は計画中であり、一部は建設中である。

投資額は 1.03 兆 158.5 億元 (21.24 億ドル) に達し、計画生産能力は合わせて XNUMX 万台となります。

昨年末、国家発展改革委員会は、この分野に対する政府トップの慎重な姿勢の表れとして、2015年以降に計画されていたこうしたプロジェクトに対する調査を開始した。

ガスグー自動車研究所のロイ・ルー所長は、地方自治体は数年前よりこの分野に熱心だったと語った。 2019年に江蘇省の米国自動車メーカーサリーンが関与したプロジェクトがインチキだったことが判明すると、自制を示し始めた。


×

連絡する